2009年11月05日

第2回を終えて.2

 先日の「第2回いのちと食をめぐる会」の感想として、参加者のブログ記事を紹介します。

参加者Mizuponさんブログ記事より
http://mizupon.exblog.jp/d2009-11-01
(抜粋)「〜昨夜は11時半ごろに無事、帰り着きました。帰路でふと空腹を覚え...あの会の後だというのに●●バーガーのドライブスルーに寄ってしまいました。やっぱり私は一にも二にも食欲が勝っているようです(笑)。
 ただ、昨夜の自分が大きく違ったことは...意識的に選んで買った、チキン。その食べ方です。
 どんな行程を経て、私の口に届いたのかは分かりません。
昨夜の映像のような中で生まれ、加工された鶏の一部だったやもしれません。だったら尚更、せめて私が口にする、この瞬間だけでも...この鶏の命に「ありがとう」を伝えたいと思ったんです。
 一口ひとくちを...昨夜ほど感謝しながら食したことは、初めてでした。〜」

・・・僕もです。この映画を観たことで、毎日の食生活の中で、「食品」のことをより考えるようになりました。

参加者cosmosさんブログ記事よりhttp://blog.goo.ne.jp/michie39/e/a790ce8661a80b0019b33e3ce7c37149
(抜粋)「〜人間が食べるための鶏や豚や牛は、ここでは「いのち」あるものとして扱われてはいない。
私自身、スーパーでパック詰めされた鶏肉や豚肉や牛肉を買う時、
同じようにパック詰めされた豆腐や麺類や野菜類と同じ感覚で手にとって籠の中に入れていくし、
それを料理する時も然り、食べる時もまた然りだ。
そのことに気付かされた衝撃だった。〜」

・・・パック詰めは、生産と消費が切り離されているシンボル的存在ですね。ここをどう、つなぎとめるのか。僕も課題として考えていきたいです。

有難うございます。引き続き次回も感想を載せる予定です。

posted by たべつむぎ at 07:02| いのちと食をめぐる会

2009年11月01日

第2回を終えて.1

 先日10/30 「第2回いのちと食をめぐる会」が、重尾町たべつむぎ(自宅)にて開かれました。ドキュメンタリー『いのちの食べかた』を見た後、感想や意見を共有いたしました。

 13名の参加がありました。すばらしい参加者に恵まれ、おかげさまで良い会をつくることができました。本当に有難うございました。
(感想をもっともっと共有したいところでしたが、時間を充分に作れず、すみません。)
 次回の記事(水曜)にて、その感想・ご意見の一部を紹介させていただきます。

 なお次回「いのちと食をめぐる会」のご案内は、今月11月中頃までに当ブログにてもご案内する予定です。
 
 
posted by たべつむぎ at 22:12| いのちと食をめぐる会

2009年10月07日

(第2回)いのちと食をめぐる会

イベント第2回「いのちと食をめぐる会」10/30(金) 開催のご案内です。
 たべつむぎ (僕)が担当いたします。よろしくお願いいたします。
・・・・・・・
 わたしたちが普段食べているものについて、改めて考える会にしたいと思います。
 そこで、ドキュメンタリー映画『いのちの食べかた』を観たいと思います。
 このドキュメンタリーは、私たちが普段食べている野菜、果物、肉、魚など、あらゆる食材が人間によって完全に管理、大量生産されている様子をひたすら撮ったものです。
 流れる映像に対して一切のコメントがありませんので、観る人によって感じ方も異なってきます。
 自由に感想、意見などを語り合う中で、私たちの食べているものについて、いのちについて、再度見つめ直すことができればと期待します。
・・・・・・・
 第2回「いのちと食をめぐる会」(担当:たべつむぎ)
 
 日時:10月30日(金)19時から
 場所:佐世保市重尾町1185「たべつむぎ」
 キーワード: “大量生産”,“食品",“いのち”,“人間”
 内容:DVD鑑賞 感想、意見の共有
 『いのちの食べかた(OUR DAILY BREAD)』(2005年、ドイツ・オーストリア合作)

 参加費:300円(おやつ・お茶代)
 (参加される方は事前にご連絡お願いいたします。)
・・・・・・・
たべつむぎ 
TEL/FAX (0956)56−3756
メール  letter@tabetsumugi.net

 ※食事をされたい方は+300円で玄米とお味噌汁などをご用意します。(18時半以降いつでも食べることができます。)
posted by たべつむぎ at 22:17| いのちと食をめぐる会

2009年09月30日

DVD観ました。9/26

 先週土曜日、第一回「いのちと食をめぐる会」に参加した人たちと、『おいしいコーヒーの真実』(DVD)を観ました。

 今までちゃんと知らなかったです。
 僕が飲んだコーヒーの代金のほとんどは、そのコーヒー農家(途上国)に届いていないということ。彼らは食事や教育も不十分なまま、貧困にあえぎながら、顔も知らない人々(先進国)の飲むコーヒーを作り続けているということ。
 他でもない、日本を含めた先進諸国が、すまし顔で途上国を牛耳っているという現実。

 そして、これはもちろんコーヒーだけの話ではないこと。(チョコレートやフルーツだったり、また、食品にも限らない。)
 更に考えてみると、国内という範囲での消費者と生産者(農業、漁業など)の関係でも当てはまること。
 いろいろ考えさせられます。

 「フェアトレード」含め、これからも考えていきたいことです。
posted by たべつむぎ at 19:59| いのちと食をめぐる会

2009年09月20日

「いのちと食をめぐる会」のお知らせ 

 イベント食に関係した活動をしている仲間と、今月から複数回にわたって「いのちと食をめぐる会(仮称)」を開くことになりました。
・・・・・・・・
 第1回のお知らせです。来週です。

 担当:パオさん(西海市・フェアトレードカフェ)
 日時:9月26日(土)17時から
 場所:西海市西海町太田和郷4600-51
 ・・・「『おいしいコーヒーの真実』(DVD)を観て、フェアトレードも合わせて南北間の食の問題を一緒に考えてみませんか?
西海町のパオで。800円でパオのご飯とフェアトレードのコーヒーを準備します。参加要予約」
 予約はパオさんへ0959-29-4080 
 もしくは僕(たべつむぎ)を通しても大丈夫です。(佐世保方面から何人か集まれば車、乗り合わせられますね。)

・・・・・・・・
 フェアトレードに関しては僕もこれから学ぼうとしているところです。
 例えばチョコレートやコーヒー、僕たちが普段食べているものや飲んでいるもの、それらが安く手に入るその過程には、、、。

 
 これから「いのちと食をめぐる会(仮称)」企画お楽しみに。
 第2回は来月10月予定で、たべつむぎにて担当、開く予定です。
 
posted by たべつむぎ at 22:08| いのちと食をめぐる会