2010年12月05日

第4回を終えて・2

11/28第4回いのちと食をめぐる会を終えて。
 会の最中、これっていいなぁとあらためて感じたのは、各生産者、消費者、食育関係者が同じテーブルを囲んでゆっくりと、お話お食事できたことです。こうして、それぞれに食に対する思いを共有していくことが(他のどんなことより)、いかに大切か。
・・・・・・・
 〜『未来の食卓』を佐世保でも上映しよう〜
 今回は試写という形で『未来の食卓』を観ましたが、より多くの方々が「食」や「農」について対話できるキッカケを作るため、佐世保の映画館(もしくは公共施設)での上映も実現したいと考えています。来年春夏ごろを予定しています。
 これから動き始めますが、多くの方々の賛同、応援、ご協力をお願いします。(私も!という方、ご一報くださいませ)
posted by たべつむぎ at 16:53| いのちと食をめぐる会

2010年11月28日

第4回を終えて・1

 昨日開催しました、第4回いのちと食をめぐる会=食について語り合う茶話会。約20名の参加者の皆さんとともに素晴らしい時間を過ごすことができました。
『未来の食卓』を観た後の皆さんの意見や感想の、ほんの一部を紹介します。

・食や農についてすぐには整理できないほどに考えるべきことを多く得た。
・農薬の散布の場面が一番印象に残った。本当に怖いと思う。
・私自身以前、農薬散布で苦しんだ経験がある。(映画の中のように)生産者が一番危険な思いをしなければならない。(農家男性)
・できるだけ近く(地元、知り合い)のものを買うことで、少しでも農家を応援していかなければならない。
・現在の日本の給食のあり方も、もっと考えていくべきときだ。
・普段口にするものに、思いもしない添加物がいっぱい入っているということ、これはいけないと思った。
・私は自然農をやっているが、本当に楽しいし、手間が特段かかるわけでもない。慣行に縛られない農業を広めたい。

続いてお食事です。西海OさんやFさんなど参加された農家の収穫盛りだくさん、手づくりのパンやデザート、そして参加者同士の会話。
 お野菜や料理を作った人たちと一緒に食べる会食って、とてもよいですね!
inotishoku4.101127.jpg
posted by たべつむぎ at 18:46| いのちと食をめぐる会

2010年11月20日

食について語り合う茶話会

 フランスのドキュメンタリー映画『未来の食卓』。昨年、日本各地で上映され話題となりました。
(映画公式サイト http://www.uplink.co.jp/shokutaku/ )

 僕も昨冬、長崎市の映画館に観に行ってきましたが、「食の未来は明るくできる!」そう思えてくる映画です。農薬使用に苦しむ農家のお話などもあり、身近な問題として、いろいろ考えさせられます。「いのちと食をめぐる」会を一緒に担当しているパオさんと「佐世保(県北)の皆さんにも映画館で観てもらう機会を作りたいね」という話をしてきました。

 半年ぶりの「いのちと食をめぐる」(第4回)は、この『未来の食卓』の佐世保上映を実現するきっかけとして、食について語り合う会です。
 11/27(土)17時〜、西海町フェアトレードパオさんにて。
 「食育に興味がある」「私も一緒にやりたい」という方は、ぜひともご一報下さい。
・・・・・・・・・・・・
 イベント第4回いのちと食をめぐる会=食について語り合う茶話会

日時:11月27日(土)
17時〜 「未来の食卓」DVD試写。その後感想や意見を共有しましょう。(会費無料)
19時〜 お食事 800円(要予約)
場所:フェアトレードカフェ パオ

 雪の浦の山奥より、「ひらんごうち楽農園」が初登場!!自然農のお野菜が販売されます。こちらもお楽しみに!

参加されたい方はご連絡をお願いします。
たべつむぎ(しんや) TEL/FAX (0956)56―3756
posted by たべつむぎ at 17:31| いのちと食をめぐる会

2010年03月14日

3いのちと食をめぐる・まとめ

第3回いのちと食をめぐるのまとめです。(当日聞いたところ、後日ビデオで確認したところを箇条書きにしています。正確でないところもあります、ご容赦下さい)

『ニホンミツバチとともに生きる 〜養蜂を通して見える農業、環境、人〜』
<小題>
@ニホンミツバチとは何かAニホンミツバチ生業養蜂B農薬のない社会を目指して

まとめを読む→20100314mitsubachi.rtf
posted by たべつむぎ at 23:54| いのちと食をめぐる会

2010年03月10日

「美味んぼ」がミツバチ問題を

 ぜひとも今週中に本屋かコンビニで、3/8発売「週刊big comic スピリッツ」(No.14)の連載漫画「美味んぼ」を、立ち読み(購入)下さい!

 先日の、第3回いのちと食をめぐる『ニホンミツバチとともに生きる 〜養蜂を通して見える農業、環境、人〜』と、ときを同じくして、ミツバチとネオニコチノイド系農薬の問題が詳しく取り上げられています。
 ・・・このタイミングはすごい。

※「美味んぼ」はグルメ漫画と思っていましたが、昨年より〜環境編〜として、様々な環境に関した重要な問題を丁寧に取り扱っているとのことです。

 (会のまとめ記事は後日)
posted by たべつむぎ at 20:00| いのちと食をめぐる会