2012年02月08日

初めての卵!ガチョウ編

昨年の5月にヒナを譲っていただき育てていた、3羽のガチョウ。
gachou110522a.jpg
毎日お世話をしています。

「卵いつから産むんだろう。」
「卵ほしいなー。まだかなー。」
「そもそも雄雌の区別がつかないけど、雌はいるのかな?」
「産んでるけど自分たちで食べちゃっているのかなー。」
そう思いつつの9ヶ月。。。

そして昨日、朝えさをやっていたら、

「えっ」
tamago20120208a.jpg
「たまごだ」
ついに産んでくれました!
やったー、おめでとう。よく頑張ったね。

大きい。(右はニワトリ卵のMサイズ)
tamago20120208b.jpg
半日置いたままにしてみました。
が、どうやらガチョウに卵を暖める気はなさそう。

それで、

「よし、今回は食べよう」

食べました。
tamago20120208c.jpg
分かりにくいけど、黄身も大きいです。
頂きました。

美味しい。

ニワトリの卵と変わりませんが、味が濃いです。
それはガチョウだからというより、おそらく、卵自体が無理せずにゆっくり成長したからじゃないかと思います。

これまではペット―飼い主の関係でしたが、今回家畜としての重要な役割を果たしてくれて、持ちつ持たれつ。
本来的な絆が結ばれた気がしています。
感慨深いです。
ガチョウさん、これからもよろしくお願いします。

posted by たべつむぎ at 21:14| 家畜