2011年10月30日

「食卓は語る〜」の続き

西日本新聞日曜の連載「食卓は語る 現代家族の実像」
大変共感できる記事ですので、簡単にまとめてみます。
・・・・・・・
連載4回目(2011年10月23日33面)
〜みそ、しょうゆ 消えた基礎調味料〜

「みそはめったに使わないから、2年前に買ったのがまだ残っている」
こんな話を主婦から聞くことが珍しくなくなった。その理由は洋風料理や中華料理の増加のため、というだけではない。
一番の理由は、最近の主婦が「さしすせそ」(砂糖、塩、酢、しょうゆ、みそ)の基礎調味料では味付けしなくなってきたからだ。
そばやうどんを作るときも、添付のつゆか、市販のつゆの素を使う。ステーキしょうゆ、しょうゆ味のドレッシングやたれ類もある。近年「しょうゆ」の出番はめったにないのだ。
酢だって、ポン酢、土佐酢、三杯酢、すし酢など多種あるから、「酢」が使われなくなっている。
ホットケーキミックス、からあげ粉、てんぷら粉、ムニエル粉、お好み焼き粉、たこ焼き粉、パン用ミックス粉、、、「小麦」さえ無用である。
かつてなら基礎調味料や小麦粉など基本素材があれば済んだ台所に、必ずしも常用されない加工品が増えている。
主婦たちにとって「あの味はどうやって作るのか分からない」「あの粉の中に何が入っているのか」。
調味料の瓶や袋は既に「ブラックボックス」である。
便利でおいしい加工調味料は、本当に家庭の味を豊かにしているのか。
使いきれずに持て余されるみそやしょうゆは、家庭の味は消えていく台所を物語っているようだ。
・・・・・
 以前、少し紹介した僕のお気に入り写真本『地球の食卓 世界24カ国の家族のごはん』(ピーター・メンツェル、フェイス・ダルージオ共著 TOTO出版)を思い起こします。
いわゆる先進国、特に日本の家庭一週間分の食材写真が、やたらとゴチャゴチャみえるのは、基礎調味料や基礎素材を使えず(使わず)、出来合いのものばかり買っているからでもあります。
食卓における「豊か」の意味が、「自分で作らない(作れない)」ということと同義になるとしたら、それはとても貧しいことです。

連載記事はまだ続いています。また折を見てまとめます。

posted by たべつむぎ at 23:56| 食考食思